買い物カゴを見る ログイン How to Order お問合わせ Site Map
RSS

北欧ビンテージ家具アンティーク北欧ダイニングテーブル机ビンテージ北欧ヴィンテージ椅子チェア北欧ヴィンテージ本棚サイドボード廃材リメイク家具ヴィンテージ風北欧風ソファ木枠2人掛け木肘3人掛け北欧風デザイン家具ウォルナット製チーク無垢古材リメイク家具シャギーラグやカーペット・フロアマット

違いは何?(素材・仕上げ)

木製家具違い 一見同じように見える木製の家具ですがいろいろと違いがあります。それぞれの特徴を紹介します。

●木の種類

【チーク】

チーク材は硬く丈夫な木材で、また良質の油分を含んでいるので耐水性も高く腐りにくくて、
虫にも食われにくく摩耗にも強いなど耐久性に優れています。
伐採して間もないころは黄褐色ですが、年月を経るとともにだんだん中褐色〜暗褐色へと変化していきます。
チークはよく乾燥されることで安定感のある木材として価値が上がるので、古材のチーク材は重宝されます。

   →北欧ヴィンテージ家具                   →オールドチーク家具
        北欧ヴィンテージ家具


【ウォールナット】

正式にはブラックウォルナットで、硬いわりに加工しやすくまた軽いのが特徴。衝撃に強く、また適度に油分を含んでいる為なめらかでつやがあります。
色は濃褐色から紫色を帯びた褐色で一様ではなく、その濃淡が美しい木目を浮かび上がらせます。日が当たったり年数を経たりすると明るい茶褐色になります。

   →天然木ウォルナット家具
    


【オーク(ナラ)】

オークは硬く強度が高くて、湿気や虫食いにも強い耐久性のある木材です。虎斑と呼ばれる特有の美しい模様ができることがあります。北米地域で生産されるホワイトオークは、原産地が日本のナラ(ジャパニーズオーク)比べて木肌が荒く木目はまっすぐで、色が薄いです。いづれも年月を減るとだんだん濃い黄褐色になっていきます。

   →オーク家具
    オーク家具


【パイン】

詳しくはアメリカのイエローパインやカナダのホワイトパイン、日本の赤松や北欧のレッドパインなど多数の種類がありますが、いずれも比較的柔らかくて軽く、加工しやすいのが特徴。
節が多く見られ、独特の香りもあります。色は黄褐色です。

   →無垢パイン材鉄脚家具
    無垢パイン鉄脚家具


●木材加工

【無垢材】

いわゆる一枚板で、木から切りだしたままの材木。接着剤を使っていないので健康的です。重厚感や深い味わいがあります。ただし反りや割れが出ることがあります。また高価です。


【無垢集成材】

ブロック状の無垢材を接着して作った材木。無垢材と同じような風合いがありますが
接着しているので継ぎ目があります。反りや割れはほとんどなく安定しています。値段が手ごろです。

    →無垢ウォルーナット家具                  →無垢オーク家具
    オーク家具     

    →オールドチーク家具                    無垢パイン材鉄脚家具
    オールドチーク家具     無垢パイン鉄脚家具


【突き板】

芯になる板に、無垢材を薄くスライスしたものを貼り付けて作る材木。表面の木目がきれいに見えます。反りやゆがみはほぼ無いです。値段が手ごろです。

   →天然木ウォールナット家具                 →北欧ビンテージ家具
    北欧ヴィンテージ家具     


●塗装・仕上げ

【オイル仕上げ】

植物由来のオイル塗料を塗り込んで仕上げる。木の自然な質感を味わうには最良の方法です。熱や水に弱いので使用中に注意が必要だが、シミや傷ができても塗り直しなど自分でも手軽にケアできます。

   →北欧ヴィンテージ家具                   →オールドチーク家具

        北欧ヴィンテージ家具

    →無垢ウォルーナット家具                →無垢オーク家具
    オーク家具    



【ウレタン塗装】

ウレタン樹脂で表面をコーティングする方法。汚れや熱に強いので扱いが簡単です。使い込んでも味わいが出てくるようなことはありません。また何年も使い続けると樹脂が剥がれてきますが、塗り直しは専門業者に依頼しなければなりません。

   →無垢パイン材鉄脚家具
    無垢パイン鉄脚家具



【ラッカー仕上げ】

合成樹脂を薄く塗布する方法です。オイル仕上げよりは熱や水に強く、ウレタン塗装よりは木の質感を生かした仕上がりになります。

   →天然木ウォルナット家具
    



木材加工方法にしろ塗装方法にしろ、どれが優れているとかということではなくて、
それぞれ特徴があり一長一短です。
使う人の状況や好みに合わせて選ぶのが良いと思います。